ホーム » 日記 » 今まではなかったのに、最近深いシワが気になってきた。どうして深くなるの?

今まではなかったのに、最近深いシワが気になってきた。どうして深くなるの?

■シワができたら、保湿すればいいんじゃないの?★
20代のころは、アンチエイジングコスメは自分とは無関係だと思っていました。それというのも、シワなんて
笑ったときに少し目尻や口角にできる程度だったからです。シワとりクリームなどの商品を見るたびに
「私はまだ大丈夫だわ〜♪」そんなふうに思っていたのです。σ(o’ω’o)

だけど、30代に突入したころから、「あれ?こんなシワあったっけな?」とか、写真映りがフラッシュを使わないと
なんとなく老けてみえたり・・・。ショックでした。

だけど、まだ遅くない!とシワのケアを始めることにしました。もし、最近シワについて気になっている方がいたら、
よかったら参考にしてみてくださいね。

シワにも色々な種類がありますが、とくに、深いシワは早急にケアしないとこのまま一生治らない気がして、
一刻も早く消してしまいたいところなんです。

そこで、シワって加齢や気候でお肌が乾燥するからできるのかな?と思って、なるべく部屋の加湿をしたり、
保湿スプレーを会社や外出先に持っていくことにしたんです。

しかし!「シワって乾燥するからできる」と考えている方は、大間違いなんだそうです。実際に私もそうでした。
保湿によって、お肌の細胞が水分で満たされて、シワが目立たなくなるということではありません。

それは、シワになりたての、ごくごく浅い「ちりめんジワ」と呼ばれるタイプにのみ当てはまるんだそうです。

シワもたるみも、肌の真皮のコラーゲン、エラスチンが変性したり減ってしまうことによってできる
「加齢現象」なんだそうです!加齢とは無縁と思っていたのに、耳が痛くなる原因だったんですね。

■肌のコラーゲン、エラスチンってそもそも何なの?★
ところで、肌の真皮のコラーゲン、エラスチンというのは何なのでしょうか?深いシワの原因となるコラーゲン、
エラスチンの変化ですが、まずそのものについてあまり知らないので、性質について調べてみました。

まず、「コラーゲン」。コラーゲンてけっこうテレビや雑誌で毎日のように目にしたり耳にしますよね。この
コラーゲンは体内に存在していて、真皮を構成するたんぱく質のひとつで、ゼラチンの主成分や化粧品にも
使われているんですって!けっこう、万能なのですね。(`・ω´・+)v

一方、「エラスチン」は主に肌に弾力やハリを与えてくれる役割を持つ、コラーゲン同士を結びつけるたんぱく質の
ことなんだそうです。コラーゲンとエラスチンが2つあって初めて本領発揮しているというわけですね。

■深いシワを治すには、結局どうすればいいの?★
それでは、深いシワになる原因がコラーゲンやエラスチンの変化や不足ということでしたが、結論として改善するための
答えをご紹介しましょう。よかったら参考にしてみてくださいね。

それには、コラーゲンやエラスチンを生み出している細胞を元気にさせることが重要なんです。その細胞は、
「繊維芽細胞(せんいがさいぼう)」といいます。

シワが気になったり、そのシワが深くなってしまうのは、繊維芽細胞そのものの元気がなくなってきていると
いうわけなんです。(。-ω-。)

それでは、その繊維芽細胞を元気にさせるにはどうしたらよいのでしょうか?
それは・・・
1.繊維芽細胞を活性化させる成分が入っている化粧品を選ぶ
2.ピーリングして肌の新陳代謝をうながす
3.美容クリニックでレーザー治療やサーマクールなどの治療を受ける

の3つの方法があります。
どの方法も、繊維芽細胞にはたらきかけて、コラーゲンやエラスチンを正常化してくれます。

自分に合った、安全で効果のある方法を、ぜひ検討してみてくださいね。
私はというと、毎日のケアである化粧品に注目して、もう一度ちゃんと選びなおそうと思っています。

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。